FC2ブログ

記事一覧

エージング中

チャンネルデバイダーの基板をエージングしています。音質のためではありません。初期不良を発見するためのエージングです。実機に12枚刺してあります。今回は、差し替え試聴用もあるので合計16枚のエージングです。...

続きを読む

フィルター基板完成

注文のフィルター基板が完成しました。治具で動作確認しています。今回から2チャンネルの電子電圧計はプリセットタイプにしました。信号通過側のレンジは固定で減衰側は、レンジを下げて行かなくてはなりません。プリセットしてあると混乱しないで済みます。-72dBまで、正しく減衰するか確認します。-72dBというと0.2mVです。0.0002Vです。PCでグラフ書かせて表示するにはあまりにも小さい値です。ローパス側の測定では、ハイパ...

続きを読む

CR(仮)の続き

先日GIC回路の説明の後に、訳の分からないCRフィルターの計算式を殴り描きして上げましたが、実は、GICチャンデバの定数計算もあれだけで出来るんです。それだけでサッサっと書いた記事でした。何を血迷ったのか?はたまた何かへの当てつけかと思われたかもしれませんが、基本はとても大事だってことです。コンデンサーの値を固定して、抵抗値のみ算出すればOKなんです。R=1/2πfc間違わないようにエクセルで計算させればOKで...

続きを読む

チャンデバマザーボードの動作試験

GICチャンネルデバイダーマザーボード基板の動作試験しました。まずは電源系統のショートがないことを導通チェックしてから、もう一度部品の極性確認してから電源供給します。テスト治具に装着して、電源供給してICソケットの電圧確認をします。ここで確認を怠って間違いが有るとIC刺してからでは、一瞬で故障します。ICピッチ矯正器で曲げを揃えます。ICを挿入して、フィルター基板も入れてから電源を投入します。各チャンネルの...

続きを読む

チャンネルデバイダー部品実装

この2日間でチャンデバのマザーボード基板に実装していました。ようやく終わりました。背の低い部品から順序に取り付け半田して行きます。5回ぐらいに分けます。コネクター類徐々に背の高い部品実装になります。このマザーボードは、オベアンプが並んでいますが安定に動作するように各オペアンプ直近の正負電源にコンデンサを配置してあります。そして電解コンデンサも適した場所に配置してあります。基板の設計はこういうところに...

続きを読む

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。