FC2ブログ

記事一覧

VUメーターアンプ2 調整編 

+4dBの入力に対して+4dB出力するように調整します。この基板は、VUメーターの個体誤差補正回路があるので、補正トリマーを中央に合わせてます。


+4dBの調整前、微調整回路なのでこれでも大体は合っています。


出力4dB確認スイッチをLチャンネルに合わせ、デジタルレベル計で+4.00dBに合わせます。この時針のVUメーターは、確認用です。


Rチャンネルも、同じように調整します。


アッテネッターで-4dB落として、メーターアンプに0dB入力します。




基板には0.03dB入って来ました。




今度はセレクタスイッチを0dB基準ポジションに切り替えます。この状態で0dBのLチャンネルトリマーで4dB増幅するように調整します。




Rチャンネルも同じように4dB増幅するように調整します。




アッテネッターをさらに10dB加えて(都合14dB)にセレクターを切り替をー10dBポジションにして都合14dB増幅するようにLチャンネルを調整します。




-10dBポジションRチャンネルも同じように調整します。




同じように-20dBポジションもL/R調整します。




これで調整は完了です。トリマー10箇所調整ですが、基準信号を+4dB、0dB、-10dB、-20dB入力する必要があります。

動作確認編に続く

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。