FC2ブログ

記事一覧

真空管プリ

昨日は珍しいことを始めたら地震が来て焦りました。
横揺れの振幅は、2月より小さかったのですが瞬発力は大きかったです。振幅が大きいと物の移動距離が大きくなりますが瞬発力が大きい場合重いものが短い距離動きます。


さて本題の真空管プリアンプ
秋葉原にあった三栄無線のキット?つくりは良いです。某メーカーも採用しているSRPP回路。CR型フォノイコに真空管バッファ回路。電源は入りますが真空管も挿してなければ動作しないもの。それでも動かしてみようと思うのはRK40など良い部品を使ってます。それでまずは動かしてみようと昨晩やってました。
DSC_0313.jpg

書き写せるほど真空管は簡単な回路です。と言いながらグリッドの配線書き忘れています。一応音は出るようにしました。真空管通すと癖のある丸まった音になります。そこが好みの分かれるところだと思います。最近は雑誌付録にさえ、もっと簡易な回路ですが真空管バッファを入れているようです。真空管で音が良くなるのではなく変わってしまう。それが本当のところです。
DSC_0311.jpg
スポンサーサイト



コメント

忠実度を下げてますね

今じゃ真空管は「温かさ」「柔らかさ」を出すためのエフェクターとしてのイメージが強いですね

Re: 忠実度を下げてますね

MF さん
確かにエフェクター、使いようなんですが
無用なものにまで付けて付加価値を出そうとする

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。