FC2ブログ

記事一覧

ビクターTT-101アナログプレーヤー

修理できないか判断で預かったビクターの当時の多分旗艦モデルTT-101
ラボラトリーシリーズは高級すぎて、当時興味も持てなかった。

電源入れても回らず、とりあえず分解してみた。
モーターの軸が固まっていたのは、解決。
しかし回るが、回転がおかしい。
カウンターの表示も変だ。


こんなに調整箇所があったのでは、マニュアルなしでは直せない。

メインの電源基板+12V-12Vの出力これは正規の電圧だろう。あとは、+13Vと半端な電圧
これはまずい、TTLICが異常に熱い。回路を追いかけると5Vのところその整流したままの13Vが掛かっている。

TTLICの昇天です。
嫌なことに三菱型番です。74シリーズから探すのも今となっては大変。
CMOSのPLL MC14046(これだけはICソケット)もある
これが幻のICと化している。



さてさて1975年式のプレーヤ直す価値はあるか?悩みます。



コメント

TT101

初めまして!

このTT101って、その後修理されたんでしょうか?

MC14046CPは見当たらないのですが、MC14046B CPと言うのは入手可能みたいですけど、やはりBが付くと別物なのですかね…

ゴメンなさい。TT101高速回転品を手に入れたばかりの素人で、貴ブログに辿り着きましたもので…m(_ _)m

Re: TT101

よっしー さん

こんにちは

このTT101は、電源回路が壊れて過電圧でさらに多くのICを昇天させていた個体です。
電源回路修理して、IC交換して、回転数表示はおかしいものの一応使える状態で返却したものです。
故障が故障を発生させている場合修理は困難と判断した方が良いものでした。
依頼者の希望であまり修理費用はかけたくないとのことで中止したものです。

C-MOSの呼称は確か80年代はじめ頃にEIAの仕様統一でBシリーズ規格化されているので基本的に旧4000シリーズを
継承しているはずです。差し替えても動作するとは思います。


ありがとうございます!

わ!早速のご回答ありがとうございます。感激です^ ^嬉しいです!

そうですよね…ひと口に故障と言っても様々ですものね…

いや、このTT101については本当に修理事例が少なくて、これはよほど、あのICの枯渇が問題なのかな?と先回りして心配していたのです。

高速回転は、また違うトラブルシューティングが必要ですね(`・ω・´)

ただ、手に入る内に使えそうな代替ICは揃えて置くのが良さそうですね。ありがとうございます♪とても参考になります。

正常動作させてみたい機種なんです。
ありがとうございます♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。