FC2ブログ

記事一覧

チューナーの調整

チューナーのシグナルメーターとセンターメーターが合わないとのことでKT-7700の調整依頼があったので久しぶりにSSGのスイッチ入れたらどうも動作がおかしいです。500khzなんておかしな表示と効かないキーがあります。


パイロット信号でないし変調が掛かりません。スイッチパネルバラして調べても異常ありません。そしたら、原因は、左のマイコンでした。リセットボタンを押してスイッチが効くようになりました。右の変調基板は、19K.38k他、出力してました。


チューナーのPLLのVCOを19Kに合わせます。


チューニングメーターをIF.ワイドとナローで無信号時センターになるようそれぞれ合わせます。
これで最大信号でセンターで受信出来るようになりました。


チャンネルセパレーションも調整しておきます。


ステレオスタンダードシグナルジェネレーターが無いとセパレーション調整は難しいです。
なんだかチューナー直しているのかSSG直してチューナーでチェックしているのかわからなくなりました。
調整箇所は、海外に転がっていた海外型番SMです。必要なところだけ調整です。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。