FC2ブログ

記事一覧

10MHz発振器の出力のインピーダンス

先日購入した発振器は、とても良いインピーダンス説明教材になります。75Ω出力とか50Ω出力の発振器とかビデオ信号は接続機器の入力インピーダンスをマッチングさせた時規定の電圧になるように作られています。

この10MHz発振器は、2つの同じ電圧75Ω/3Vの出力です。



そのまま測ると入力開放電圧6VP-P あります。 P-Pとは波形の上下のピーク間電圧です。一目もり2Vですから6VP-Pあります。最初の説明で75Ω/3Vの出力と言ったのに6VP-P。倍ありますがこれで良いのです。



75Ω/3Vな訳です。この写真は上段CH1を75Ω終端して規定の3VP-Pです。下段CH2は33Ωで終端してるので約2VP-Pと小さくなっています。



こう言うふうにインピーダンスマッチングしないと規定の電圧は出て来ないのが高周波伝送やビデオ信号です。オーディオの低周波回路は、600Ωの伝送系を除いた民生オーディオではローインピーダンス送りハイインピーダンス受けなので電圧は、下がらないので問題は起きません。普通のプリアンプとかは数Ωから数100Ωですからパワーアンプ側は通常47kΩなので電圧はほとんど下がりません。これがオーディオのロー出しハイ受けの原則です。
オーディオアンプでもし600Ωの出力だったら受け側600Ωなら電圧は高周波と同じように半分になります。民生オーディオでは600Ω縛りは、滅多にありません。

オーディオで例外は、MMカートリッジでほとんどは47kΩ受けの指定です。保証特性がその値だからです。

MCはトランス受けはマッチング受けで、ヘッドアンプはハイ受けですからややこしくなります。いずれにしても、ミスマッチングで無駄に電圧を減衰させる必要は、ないでしょう。レコード聴いている人なら、体感でトランスのマッチングとヘッドアンプ入力終端切替の違いはお分かりだと思います。

最近のトレンドは超ハイインピーダンス受けです。先日記事にしましたけど、貸し出し中のヘッドアンプはF社の超ハイインピーダンスヘッドアンプと比較試聴したい方に送っています。

高周波のマッチング伝送と低周波の送り受け、なんとなくご理解いただければ幸いです。インピーダンスが低くなれば低くなるほど小さくなる波形見れば誰でもロー受けは適さないことが理解できると思います。



スポンサーサイト



コメント

理論通り

こんにちは!

理論通りにロー受けすると電圧が減るのが分かりました。LINEやプリとパワー間はどれを持ってきてもハイ受けになるはずですが、業務用機器だと民生機とちがう場合がありますね。

フォノイコはややこしいですが、MMタイプは各社47kΩで統一されています。エンパイアは100kΩ推奨になっていますが、多分余裕を見てハイ受けにしているのでしょう。チューニングは47kΩで行っているはずです。じゃないと市販のアンプに適合しませんからね。

MCはさらにややこしいですが、レコードを聴いている人ならば経験上分かっていると思います。ヘッドアンプではハイ受けですね。
トランスの場合はマッチング受けなので、ハイ受けすると音が小さくなることで分かるし、ロー受けするとモコモコな音になります。増幅率が下がってもハイ受けした方が良い場合もあります。
トランスの方がダンピング効果があるという説が古くからありますが、ウソの様です(笑)

Re: 理論通り

しんのすけさん
こんにちは!

実際各種使っていれば実感と一致すると思います。

このあたりは、高周波のインピーダンスマッチングの考えと低周波の受け渡しの理屈です。
あえて600Ω伝送を書きませんがここに書いてしまうと訳が分からなくなります。
Vp-pとVrms実効値も詳細は書いていません。同様の理由です。

ヘッドアンプの超ハイ受けは、F社以外に友人も研究中ですし、私の大昔に作ったものも
改造で対応できるかも知れません。

No title

こんばんは

昭和の頃工場でテレビやVTR用のテストシグナルの管理もしていましたが
ビデオ信号や同期信号はスルー接続用にBNCの入力端子が2個あり
最終の機器で終端抵抗を接続してました(ターミネーション)

MCの入力インピーダンスは昭和の頃にもY社が10kΩ、C社が1MΩとかありましたね
あと出力が高めのMCならMMの47kΩに接続しボリュームを上げて使ったりも

Re: No title

MFさん
こんばんは!

映像75Ω1Vp-pのターミネーションは、私も会社員時代対応してました。
映像分配装置で分けないときにスルー使っているのに終端して、ダブルターミネーションで
おかしいなんてことがありました。半端に分かっているお客が勝手にスルーに普通のTVつないで
結果二重終端ってのもありました。

MCの僅かな信号は無駄にしたくないですから、各社頑張ってましたが、SNとのトレードオフで
小さくしたくなるのでその辺は難しいところでしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。