FC2ブログ

記事一覧

DF(ダンピングファクター)

最近のオーディオ界では決してこの事実に触れません。というか特にYouTube上で、酷すぎる状態になっています。
結論から言います。スピーカーシステムにネットワークがあったらDFなんて、くそくらえっていう真実です。下の表で、ピンとくる方は殆んどいないと思います。DFとはスピーカーの公称インピーダンス(8Ω)をアンプの内部抵抗ZAで割ったものです。アンプの内部抵抗は8ΩをDFで割ったもので逆算できます。その関係の表を作ってみました。表の見方は、アンプの内部抵抗ZAの横並びがDFに該当します。アンプの内部抵抗0.8ΩならDFは10ということです。まぁDF100を素人ユーチューバーが測れると信じる方がおバカです。0.08Ωのアンプの内部抵抗すなわちDF100をオンオフ法で簡単には測れません。0.08Ωですよ。

DFとアンプの内部抵抗の関係
20231212DF.png
下のなぐり書き(半分頭に来ているので、きちんと書く気がしなくなった)は、標準的な2ウェイスピーカーシステムの等価回路です。結局のところアンプの内部抵抗の他に、電線(スピーカーコード)の抵抗+低域のL1の抵抗、アッテネッターの抵抗があるので合計すると結構な値になります。いくらアンプのDF値が大きくともスピーカーコードで0.1Ω(往復10m程度)ネットワークで0.3Ωあったら合計0.4Ω、上の表からDFが100であろうが2000であろうが見かけ上のDFは余計な抵抗分0.4ΩでDFは20以下になってしまうのです。わざと大きな抵抗入れるのは、もっと無意味です。DF5とかにして音を悪くして変わったと喜ぶことぐらい滑稽なことはありません。


ウーハーに入るコイルの例


コイルの抵抗値 0.328Ω


電線の例


電線の抵抗値 0.198Ω


電線とコイルの抵抗値足すと0.5Ω間違い無く見かけ上のダンピングファクターは、たとえ1000のアンプ持って来ても20以下になる事が表から分かると思います。ダンピングファクター50のアンプ持って来ても数値的に10以下ではありません。
これを逆に考えれば市販のスピーカーシステムは一般的なDFの半導体アンプで鳴らせばきちんとなります。これはFゼロでの低域インピーダンスとQの関係してくるところです。まともなメーカーであればこの辺で音作りしています。
DF低下はネットワークがある以上避けることは出来ません。フルレンジスピーカーはネットワークが無い分、プアーな球アンプやデジアンでもそれなりに聞こえます。きちんと鳴らしたいならスピーカにネットワークのないマルチアンプしかないことがお分かりいただけるはずなのですがこの辺が中々理解されない部分です。
スポンサーサイト



コメント

分かり易い

こんにちは!

何となくは分かっていましたが、表にすると分かり易いですね。まあ、アンプのDFは高いに越したことはないけど、スピーカー端子やケーブルの接続が腐っていたらダメということでしょう(笑)ネットワークの無いマルチアンプが最強ということでしょう。

Re: 分かり易い

しんのすけさん
こんばんは!

これを分かりやすいという方は少ないと思います。
この表を見ても、聴いた感じがどうのこうのと言い切る私たちより上の世代と
鵜呑みにする若い世代がいます。

DF2000とDF20の違いは0.5Ωまで違わないそれだけのことです。

DF値とケーブル長さ

こんばんは。

私が使っているマッキンMC150の取説で、仕様を見てみました。
ダンピングファクターは40以上と書かれています、スピーカーケーブルも指定があり、18GAを9.1mを使用と書かれています、私が今使っているケーブルはカナレの4S8です、5mですが問題無いでしょうか。

Re: DF値とケーブル長さ

imoken58 さん

余計なご心配をおかけしています。

取説の言うことは間違いないと思います。おそらくDF20以上を確保したいということです。
低域のピーク(Q)という話は横に置きますがスピーカーをまともに鳴らすためには0.5Ωのケーブル含めたアンプ内部抵抗に
したいのです。4S8は、2.5㎠ AWG14相当です。ちなみにAWG18は0.75㎠ですから4S8は如何に太いかがわかると思います。
4S8は5mで0.0375Ωがメーカー資料から計算できます。さすがカナレです。

MC150のDF値40は8Ω/40=0.2Ω 電線4S8の抵抗0.0375×2(戻り分で2倍)=0.075Ω
電線含めたアンプ側の抵抗値は0.2+0.075で0.275となります。
8/0.275=DFは30確保できています。従って問題は全くありません。
とりあえずコメント部分のみに返答します。


No title

TOAのアンプの取説にもDF20以上を確保しろと書かれています。
https://www.toa-products.com/download/download/manual/p-150d_mt1j.pdf

DFを考えるのなら、マルチで組めば単純化されてスッキリしますね。

Re: No title

ハードオフ症候群さん

こんばんは!

TOAは正解ですね。
一般のご家庭ではまず普通の電線で問題は起きません。
売る方での問題です。

オーディオの誤家庭のなんと多いことでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。