FC2ブログ

記事一覧

双眼鏡の思いで

小学5年生の頃に親戚に遊びに行っては双眼鏡を貸してもらい遠くを見て喜んでました。それは、古い結構くたびれたキズだらけの50ミリのFUJIの印の双眼鏡でした。そんなに気に入ったならあげるよと言われ喜んで持ちかえり、清掃して、磨いて、塗料を塗ったりして整備して大切にしていました。双眼鏡で遠くを見るのが大好きでした。学校にも持って行ったこともあります。遠くを見ていたら先生が来て怒られると思ったら、ちょっと貸してと言われて遠くの海の波も見えるんだねと言われ怒られませんでした。丁度札幌オリンピックのあった頃です。おもちゃ双眼鏡とは、全く違う世界が見えました。しかし程なくして、無くなってしまいました。親が海に行くから貸せと持って行き、数日後、双眼鏡は?と聞くと、忘れて来たと軽く言うでは無いですか?、貰ったものだから良いだろうとか、またもらえば良いみたいに簡単に言うから頭に来たのを今でも忘れません。確か弁償しろとかかなりごねた記憶が残ります。
そんなこんなで、大人になってから、手に入れた75ミリの双眼鏡がこれです。とにかく重いです。子供の頃に興味を持ったものは、後々まで影響します。


75ミリレンズの大きさです。


富士写真光機の今となっては、珍しい双眼鏡でした。見え方が違います。レンズはとても重要です。最近では、レンズより撮像素子と映像エンジンが重要視されますが、それは作られたもので現実より美しい世界です。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 今日も!

いつもの内緒さん
こんばんは

民需向けは、戦後の家内工業的な双眼鏡でしたね。

一覧にコルゲンコーワの興和の双眼鏡が見当たりませんでした。
展望台と言えば興和です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。