FC2ブログ

記事一覧

GICフィルター

GICフィルターは難しい部分が多く、オーディオで最も多く用いられたのがCDプレーヤー用のLPFです。これをチャンネルデバイダーに最初に用いたのは、アキュフェーズPRO F-50です。(F-25が出るずっと前)これの設計の一部記事が雑誌に掲載され、当時非常に興味を持ったわけです。その頃、私もCDプレーヤー用の連立チェビシェフ9次、11次のハイブリットIC生産工場に勤務していたので、実測したその特性の素晴らしさに驚いたものでした。それらより低次なGIC3次フィルターでチャンデバに応用しようと思ったのが始まりです。その当時はカスケード型フィルター、CR型フィルターが主流でした。

実際のチャンデバ用LPF



GIC(Generalizd Inpedance Converter)フィルターの優れている点、簡単に言うと信号は赤矢印の順に通るだけです。一般的なカスケード型フィルターのようにアンプや沢山のコンデンサーを通過しません。下図(オレンジ枠内)の2個のオペアンプとインピーダンス素子で構成されています。シミュレーションインダクタという等価的にL(コイル)の性質を持つFDNR(Frequency Dependent Neegative Registance周波数に依存する負荷抵抗)が得られます。よってLCフィルターを構成できるので通過するものが少なくなるわけです。
20240409.png

そのような訳で、何も分からない方が、使っているコンデンサーで音が悪いとかGICを構成する部分のオペアンプを変えれば音が良くなるとか勝手なことを言いますが、インピーダンス変換素子を構成する物であり、オペアンプでは、上限周波数のオープンループゲインや負荷抵抗が重要な項目でありオペアンプなら何でも良い訳ではありません。

GICの良い点
①ひずみ率はOPAMPに依存しないので非常に良い。
②再現性、計算通りの値が得られる
③PCで計算、変換設計は比較的容易
④素子感度が小さいので高精度となる。

欠点
①不経済
②設計が面倒
③回路構成や入出力配置が悪いと特性が取れない。



コメント

分り易さ

おはようございます!

電気知識の乏しい私には理解が難しいですが、とても分かり易い解説です。
AudioProjectさんのGICチャンデバをお使いの方々は、私も含めて音の良さは十分認識されていると思います。
音の良さを広く知って頂くには、Youtubeの活用が良いですね。

Re: 分り易さ

imoken58さん

ご理解いただきありがとうございます。
これが、基本性能の部分です。分かり易く説明しても難しい人もいます。
真空管で作ればもっと良くなるはずだとか言われたこともあります。
そういう頭の人にGICの意味は通じません。

FDNR

こんにちは!

けっこう最先端を行っていたのですね!当時ハイブリットIC生産工場に居たのなら、物を作れば高精度な測定が可能だったのでしょう。

それでFDNR自体はネットサーフィンでお勉強してきましたが・・・ 周波数によって抵抗が変わることだけ分かりました💦

https://cc.cqpub.co.jp/system/contents/1307/
https://www.analog.com/jp/resources/technical-articles/tnj-070_study_about_fdnr_01.html
シュミレーションの人が多いです(笑)

巷のYouTubeでは分配器とコンデンサだけでパッシブチャンデバが出来て、とても良い音だと自慢している人も見かけましたが、音を聴いたらちょっとアレでした( ^ω^)・・・


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: FDNR

しんのすけさん
こんにちは
当時は専用計測器まで某メーカーに試作開発してもらってました。

半導体インダクターですからシミュレーション(模造)でということで(笑)

ユーチューブチャンネルは、最近ブロ友さんものとかショートしか見ていません。
もしかして次に書いた記事みたから関連でAIが見つけたのかな?

こちらは、紅麹でグンゼ見たら、女性下着の広告ばかり出て来てます。

Re: GIC欠点

内緒のSさん
コメントありがとうございます。
2回路入りOPAMPでやりがちな1パッケージで入力バファと出力バファの回路にしたりFDNRフィルターの出力回路とバッファアンプまでの回路が長すぎると特性が取れなくなります。FDNRへの送りは0Ωに近いオペアンプバッファーでですが、受け側バッファーはハイインピーダンス受けしなくてはならないので配線は極力短くする必要があります。部品配置で改善すると思いますので頑張ってください。ここがシミュレーション通りにはいかない部分です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。