FC2ブログ

記事一覧

オクターブ

オクターブは、電気屋と音楽家が使う言葉です。電気では、12dBOctと書いてあれば12デシベルオクターブを意味します。1000Hzのオクターブ上は2,000Hz、オクターブ下は500Hzです。1,000Hzの遮断周波数はct(カットオフ周波数)と言います。フィルターの切れ具合を表します。
目で見るとわかりやすいので例です。-6dBです。半分残ってます。


-18dB、大分小さくなります。


要するに、スピーカーの再生帯域外の音域がユニットに入ればそれは歪みになると思ってください。

コメント

良く考えると・・

こんにちは!

良く分かりました。ということは6dB/octの場合、500Hzで切った時に1000Hzで6dBしか落ちないから、ボーカルや楽器部分でかなりオーバーラップすることになりますね。

Re: 良く考えると・・

しんのすけさん
こんにちは。
スピーカーシステム内のネットワークだと-12dBオクターブが主流なのに
マルチで-6dBオクターブで緩くする意味は?ということが’70年代から言われて来ました。
結論は言われる通りオーバーラップによるひずみにあります。デジタルの時代になって今度は
-数百dBで切るとか混沌とした時代になってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。