FC2ブログ

記事一覧

10MHz

周波数の話しをすると、オーディオ界隈ではSI単位系を使わないで話される方が少なくないので時々戸惑います。1kHzを1000Hz(千ヘルツ)と言うくらいならまだ分かりますが、10kHzを1万ヘルツと言われるとなんの事だと思うのは私だけではないと思います。
この表示は10,000000.0Hzです。安価なカウンターなので.または空白がつかないので分かりにくいです。それでも最小分解能0.1Hz(外部クロック入力時)です。


このようにSI単位を使わないと分かりにくいのです。
k=1 000
M=1 000 000
上のカウンターの場合10MHzをカウントしています。測っている発振器は10MHzの正弦波OCXOです。オーブン恒温槽で温めてあります。


さらに保温してあります。


この表示安定がいかにすごいかはppmで表すとわかります。1ppm=0.000001(10-^6)です。こう言う時は万で考えると便利です。(笑)
1ppm=1/100万なのです。それで今周波数カウンターがカウントしているのは、10 000 000.0な訳で1000万ヘルツを0.1Hzまで見ているので、かなり安定な大掛かりな基準周波数が必要となります。10.0MHzの発振器なのか10,000.000Mzの発振器なのかでは意味合いが違います。
オーディオでは周波数確度は大して問題にはなりませんが、現にCDプレーヤーの発振回路なんてそんなに精密ではないし温度が変われば周波数も変動します。それでも問題は起きてません。

コメント

(^^)/

こんにちは!

わたしはガサツなので10000HzでもOKデス。むかしは「サイクル」って言っていましたよね。hz、HZじゃなくて「Hz」は間違えがちです。

キロは小文字でメガは大文字、ピコは小文字です。「PPM」じゃなくて「ppm」です。
ppmは子供時代の光化学スモッグを思い出してしまいます。
https://twitter.com/ichikawakon/status/1335285647372783616/photo/1
あとは、仕事で不良率(社内、市場)に使っていて目標達成に苦しんだので、良い思い出は御座いません。


Re: (^^)/

しんのすけさん
こんにちは

その昔はC/S サイクル/毎秒でした。
ガサツとかではなく単位で行かないと、周波数が高くなると
ゼロの数が多くなって訳が分からなくなります。
AMラジオ程度の再生帯域ならそれでも良いでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。