FC2ブログ

記事一覧

寄せ集めの機材で音質重視YouTube用セットしてみました。

家にあるものを並べてYouTube用機材は揃うか?
①ディスクトップPC
②ディスクトップモニタースピーカーJBL4206(DTMの昔の定番)
③PCオーディオインターフェース ローランドUA-1010
④パワーアンプ 自作MOSFET 40W
⑤マイク ナレーション用 シュアーSM7B
⑥アナログソース
⑦ヘッドホン
ハードは揃いました。

核となるのはオーディオインターフェースです。
この1台があれば、普通にオーディオをやっている人なら、ハード面での高音質でのUPはもちろん再生も可能です。192Khz24bit対応です。

なんで今更こんなことを言っているかというと、先日昔の生録テープを見つけて、生録への思いから、TASCAMのリニアPCMレコーダーDR-40を買おうと本気で思いました。しかし自分に、思いとどまらせるために、こんなことを書いている訳です。フリーソフトのAudaCityに録音してしまえば、家では事が足りてしまうのです。このオーディオインターフェースは、ミキサーみたいなものです。ですからマイクプリ内蔵です。
AudaCityで一人多重録音や編集まで可能です。


これがレコーディングソフトAudaCityとオーディオインターフェースのプリアンプ画面です。


これがミキサーパネル部です。モニター2台にしてミキサーパネルは、別にすると使いやすいです。


OCTA-CAPTURE(UA-1010)は、本来、楽器演奏のミキシングツールです。
しかしPCオーディオインターフェースとしても多彩に使えます。
これ1台で何役もこなしてくれます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。