FC2ブログ

記事一覧

困ったこと(私だけがですが)

困ったことを、記事にしようとしていたら丁度タイムリーに、関連することが(長い記事の後半です)https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9uaWdodHdpc2hfZGFpc3VraS82NDAyMDc0OC5odG1s
今朝nightwish_daisukiさんの記事に出ていました。

以下
面白くもない記事です。(いつもです。<m(__)m>)

GICフィルター
これは、私の試作品ではありません。昨日物置で見つけました。
(20年近く前、資料配布して、とばっちりを受けた基板)


全数まともに動作しません。音は出ます。
なんで手元にあるかって?
動作しない3ウェイGICチャンデバをヤフオクでに出して、買った人が、ノークレームノーリターンで、私の資料が入っていたので何とかならないかと相談してきたものです。出品者は代理出品なのでと言うストーリーでした。

当時資料配布していたころは、基板のパターン図も送っていました。
なのにユニバーサル基板組された例でした。
下に比較写真です。
本家(私)は基板裏にSOPのICを実装しています。
一応配置は真似ています。ICがSOPとDIPでは配列が逆なので左右反転するだけです。しかしここでよろしくありません。写真で分かる通りパスコンが離れています。
裏のGNDパターンもよろしくないし、それに配線が間違っています。
動かない理由はGICが動作していなかったのです。
回路が同じでも、安定に正しく動作するかとなると、フィルターは測定なしでは難しいという、私にとっては事件であり、教訓でした。以後資料配布は行ってません。
(GICフィルタ単体では、正常に動作しません。入出力回路が必要です)


アキュフェーズのGICフィルター素子基板例


GIC回路の基板実装はノウハウがあります。
私の場合、出来るだけ小さく組んでOPアンプと受動部品を離さないという方法を取っています。

nightwish_daisukiさんからさらに無断転載、そのままです。「ゴメンナサイ」


引用ここまで
秋月さんの参考回路図。GIC型が基本図です。
上のGIC回路図みてお分かりのとおり、回路動作しなくても音は出ます。
入出力回路を付けないと単体では正常に動きません。
このフィルター基板だけで正常に動かなかったという事例(クレーム)もありました。これだけではインピーダンス素子なのです。上手く参考書ご覧くださいで逃げています。これで良いのです。22KHzのLPFを耳で聞いて作るのには無理があります。

もう一点、上の図の赤線がありますが、これが一番困ったネット上に氾濫している情報です。この資料のゲイン段に採用は間違いではありません。オーディオ雑誌の写真が悪いのですけれどもね。それを見越して、OPAMPにカバーをかぶせるメーカーさえありますから。

これも丁度記事にしようと思ってました。ディスクリート至上主義への反感なのですけどね。

NJM4580Dは、秋月電子で安価に売られています。しかしですこのOPAMPは用途に書いてある通りDCサーボ用でもあるのです。
ここでまた高級アンプに使われているから良いものだと取る人もいれば、高級アンプにこんな安物と思う人が出て来るわけですね。音の質に影響のない部分です。
秋月さんの言うことは実害がないのです。
ところがネット上では、A社の4580発見みたいな書かれ方があります。
メーカーとしては何も痛くはない話です。
書いた人が(/ω\)だけです。
GICもそうです。これが入っているから音が悪いと(削除)取ってみたり。

下の写真は、中央にDCサーボに4580を使用した例です。
出力の直流阻止(カップリングコン排除)のためのものです。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。