FC2ブログ

記事一覧

A級アンプ次シリーズ

次のA級アンプは、通常のトランス電源です。アンプのゲイン可変の仕様変更での製作です。動作試験用には、パワーアンプにつかえる大電流トラッキング電源を使います。アンプユニット単体でも動作試験と調整が出来ます。とりあえずアイドリング電流とオフセット調整しておきます。午後からゲイン可変のテストをします。それで問題無ければ続けて作ります。

ゲイン可変ユニット。ショートプラグで固定ゲインと可変ゲインを切り替えるようにしました。

発振等の異常無く約2.5dB出力可変出来ます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioproject

Author:audioproject
自作オーディオというジャンルです。
audioproject.jpは独自ドメインです。
自作オーディオ.jpは独自ドメインです。